オケゲン TOPページ

Menu

社員を知る

リフォームアドバイザー

加藤 有季穂
KATO YUKIHO

2015年4月 新卒入社

写真1:加藤 有季穂

創業100年以上の長い歴史。
地元での抜群の知名度と安定感に魅力を感じました。

この業界に入社した理由は?
就職活動の当初、私は学生時代のアルバイト経験から、お客様と直接かかわる仕事がしたいと考えていました。大学では英語とアメリカ文化を勉強しており、航空・貿易関係や自動車業界を中心に会社説明会を受けていました。説明会へ参加した会社の多くはBtoBの事業で、接するお客様は「会社」でした。いくつか説明会に参加して、自分には合っていないのかもと感じていました。そんな中、ある注文住宅販売会社の説明会で、「お客様と何度も打ち合わせをしてお家が完成。お客様が感動。そこに達成感がある」という話を聞き、一般のお客様と接することができる住宅業界へ私も関わってみたいと思いました。
オケゲン入社したきっかけ
私は地元出身なのでオケゲンのことは昔から知っていました。豊田市が主催の合同就職説明会に参加したときに、たまたま会社説明を聞いて興味を持ちました。地元で100年以上という長い歴史を持っていること、東邦ガスの代理店であること、トヨタ自動車の社宅の管理などを行っているということを知り、大きな会社ではないけれど、安定感と地元での抜群の知名度に魅力を感じました。さらに、営業がお客様との打ち合わせから現場管理まで一貫して担当するので、自分がやりたいと思ったお客様と直接かかわる仕事が納得いくまで出来そうだと思い、入社を志望しました。
  • 写真2:加藤 有季穂

  • 写真3:加藤 有季穂

入社当時大変だったことは?
まだ1年目なので毎日が新しいことや知らないことばかりで今も大変です。
その中でも特に大変だったのは、職人さんとのやり取りで、職人さんの言っていることが理解できなかったことです。また、工事では男性の営業だと自分で商品を運んだり、工事を手伝ったりすることが出来ますが、商品はとても重たくて、女性だとお手伝いも簡単にはできません。そういったところも含めて、自分が職人さんに何人来てもらえばいいのか、経験も浅く事前に予想するのが大変でした。
今まで経験してきた印象深い仕事は?
初めてのキッチン工事がやはり一番印象に残っています。最初は内装や吊戸棚は変えないというご希望でした。しかし、全部変えた場合の完成イメージを見せたり、内装のカットサンプルを見せたりしているうちに全部リフォームすることになりました。また、工事中に全然違う場所からの水漏れが発覚して急遽、修理することにもなりました。お客様が「さすが水廻り専門のオケゲンさんだね。」と言ってくれてうれしかったです。完成したキッチンと工事中の修理対応もとても満足してくれて他のお客様もご紹介してくれたのでとてもいい経験になったことを覚えています。
自分の成長を感じている部分は?
入社時は、お客様のご質問に答えられないことも多かったのですが、最近はご質問に答えることができるようになってきたと感じます。また、現場の予想外なトラブルは全て職人さんに助けてもらっていました。それが最近では、自分でもアイデアを出し、職人さんと一緒になって考える機会が増えてきて、成長しているなと実感します。成長を感じられるとモチベーションも上がる為、色んなことに挑戦し、もっと出来ることを増やしたいと思います。

SITE MAP

Facebook

オケゲン住興株式会社 採用専門サイト

採用担当窓口

0120-32-2611

担当:小野

桶源住興株式会社 
愛知県豊田市挙母町1-66 
営業時間/AM8:30〜PM19:30(年中無休)

Copyright © 桶源住興株式会社 All Rights Reserved.

ページトップ
0120-32-2611
マイナビエントリー2019
現在募集中の職種
0120-32-2611
マイナビエントリー2019
現在募集中の職種